浜の歳時記(宮名・浜中)

  【宮名】
月日
行事・祭事
1月1日
1月2日
1月2日
1月3日
1月5日
1月7日
1月9日
・元旦祭(新山神社)・・・新年度の安全祈願及び親睦会を行う。
・歌謡会・・・謡初め。
・漁船乗り初め・・・漁業者が、船の初乗りをし、親睦会を行う。
・正月祈祷・・・大川寺で、新年の種々の祈祷をする。
・太子講・・・年度の安全祈願をし、直会をする。
・年祝い・・・該当者が、厄祓の祈願をする。
・伊勢講・・・新年初めての伊勢講伊勢神宮参りの集まり。年6回集まる。
3月15日
3月24日
・祈年祭・・・新山神社で祭典があり、参列して今年の豊作を祈願する。
・大般若・・・大川寺で、大般若会の法要をする。
4月 4日
4月19日

・女節句・・・各戸でお雛さまを飾り、祝う。
・新山神社例祭・・・神社に氏子一同が参拝する。獅子舞が部落を回って安全祈願をする。その後、直会をする。
6月 5日
6月 中旬
6月30日
・節句・・・男の節句で各家で笹巻きを作り、鯉のぼりを立てて祝う。
・サナブリ・・・田植え終了後、慰労会をする。
・大祓・・・新山神社で大祓式をし、御神酒をいただく。
8月 7日
8月14日
 ~16日
8月23日

・盆・・・各戸で墓参りをする。大川寺にも参拝する。
・盆・・・朝、墓参し先祖の霊を供養する。

・金毘羅祭・・・船の神様である金毘羅様の祭りで、朝神主より安全大漁祈願をしてもらい、御神酒をいただく。
10月29日
・権現講・・・権現様の神社に参拝し、公民館で水神様の安全祝いをする。
11月23日
・新嘗祭・・・秋の収穫祭。新山神社で祈祷する。
12月 9日
12月10日
12月11日
12月12日
12月31日

・大黒の年夜・・・大黒様に一年の感謝をする祭り。
・恵比寿の年夜・・・漁家全戸で一年の無事故を感謝する祭り。
・船玉祝・・・船主各家で大漁満足、海上安全をお祝いする。
・山の神・・・山の神に感謝する気持ちでお祝いする。
・大祓式・・・新山神社に参拝し、天照大神外の御札をもらって帰る。
・除夜祭・・・年の終わりに除夜祭の祈祷をする。
  【浜中】

行事・祭事
1月 1日
1月 2日
1月 7日
1月22日

・元旦祭・・・大坂神社・・・祭典。新年の互礼。直会。
・稼ぎ初め・・・大工は墨壺と曲尺を飾る。他の職業でも働き初めをする。
・七草・・・雑煮餅、小豆粥をつくる。前の晩、センタラ叩きをする。
・太子講・・・正月中に講を開き、聖徳太子の掛け軸を掛け、精進料理を食べる。直会は魚肉料理。昔は当屋で今は公民館で行っている。
2月3日
・節分・・・豆を神棚に供え、戸を開けて、「福は内、鬼は外」と言って豆をまく。火棚、玄関先での行事がある。
3月9日
・田の神おろし・・・正月に飾った田の神餅を食べる。以前は、自分の家の田に行って、田の打ち初めをした。
4月3日
4月20日
・雛祭・・・お雛さまを飾り、祭りをする。
・大坂神社例祭・・・祭典のほか、神輿渡御がある。
6月5日
6月
6月
・ショウブの節句・・・4日の夕方、菖蒲、蓬を軒先にさす。笹巻き、菖蒲、蓬を神々に供える。
・籠洗い・・・仲間ごとに宿を決めて集まり、ご馳走を食べる。
・村中一斉に行う。家ごとに餅をついて、親戚や働いてくれた人にご馳走をする。
7月15日
・八坂神社にキュウリ、赤飯を供える。
8月7日
~14日
8月
8月
8月14日
・盆・・・早朝、餅、花等を持って墓参りをする。

・金毘羅祭・・・漁師の祭り
・森供養・・・龍川寺で、先祖の霊を慰め、無縁仏の供養をする。
・施餓鬼・・・両寺院で施餓鬼供養をする。
9月15日
・豆名月・・・豆、サツマイモ等を神に上げる。
・秋の彼岸・・・お墓参り
10月13日
・栗名月・・・栗を神に上げる。
11月10日
11月23日
・カブの年夜・・・ぼた餅をつくって神々に供えるが、大きいぼた餅に温海蕪を添えて供える神がある。
・新嘗祭・田の神上げ・・・神社で祭典がある。餅をついて神々に供え、親戚の田のない家に配る。
12月初め
12月
12月 9日
12月11日
12月12日
12月17日
12月22日
12月24日
12月31日
・ダイシノギ・・・同じ年齢の仲間が集まってご馳走を食べる。ダイシ様の祭り
・オウスケコウスケ・・・川漁の家で、鮭の豊漁祈願と鮭の霊を供養する行事で、夕方餅をつく。
・大黒の年夜・・・三またの大根、魚のご馳走を大黒様に供える。
・船霊の年夜・・・漁師全戸で船霊の祭をする。
・山の神の年夜・・・山の神の祭り、山林、製材業の人達が行う。
・産土様のお年夜・・・大坂神社で行う。
・冬至・・・この日に南瓜を食べると中風にならないという。
・ダンゴダンゴ・・・ダイシ様の祭りで、小豆団子を作って、神仏に供える。「ダンゴダンゴ十六杯」といい、伝説がある。
・除夜祭・・・お通夜といっている。
(温海町教育委員会「ムラに伝わる行事」より)

Powered by NetCommons2 The NetCommons Project