小鯛は血鯛のことであり、別名花鯛と呼ぶ。真鯛とちがい大きくはならない。大きくなっても40㎝位である。真鯛に酷似するが、頭部の傾斜は急峻で、尾びれの後縁は黒くない。

おいしい時期は春から夏。
産卵期も真鯛の4月から6月とは異なり9月から11月である。
真鯛の子は鯛子と呼び、小鯛とはきっちり区別している。
焼いた魚の肉質も小鯛の方が柔らかくておいしい。こんな至福をもたらす鯛だが、近年人気がなくなっている。中骨が硬いせいなのか、鯛の種類とかの情報が足りないのかよくわからない感がある。

しかし、鶴岡では初夏から夏にかけての「小鯛の塩ふり焼き」を食べたいと、いまなお人気だ。

藤沢作品には「三屋清左衛門残日録」凶刃用心棒日月抄の中の梅雨時の場面に小鯛がしっかりと登場している。

魚の旬をばずしていないのには、ただ驚くばかりである。

庄内浜文化伝道師協会 会長 石塚 亮 (旅館坂本屋)